プロモーション

日本限定:Dialogue Matchのための特別な『German Microphone Snapshot Vol.1』

2020.03.30


iZotope.jpで公開されているコンテンツからもわかる通り、『Dialogue Match』はポストプロダクションにおける音声の差し替えにおいて、驚くほど短時間で、その基準点を導き出してくれる革新的なツールです。
Dialogue Matchが音声ファイルからEQ特性、リバーブ、アンビエンスを解析し、Snapshot(プリセット)として記録をすることができる機能を応用し、今回リファレンスとなるスナップショットをメディア・インテグレーションとして独自に作成してみることにしました。

収録スタジオには、ポストプロ部門、CD・SACD・ハイレゾマスタリング、DVD・BDオーサリングへの参入等、“音”と“映像“に関して幅広い業務展開を行っている音響ハウス様に全面的なご協力をいただき、プロのナレーターによる音声を24本のマイクロフォンを用いて解析しました。
全てのマイクロフォンはSSL コンソール(SL-9064J-64VU) HAを経由し、Avid HD I/OからProTools HDにて収録。全てノーEQ、共通のHA Gain設定、音源とマイクの距離に至るまでイコールコンディションによりマイクロフォンの特性差がEQ解析に反映されるようコントロールしています。

収録マイクロフォンには、ミュージック、ポストプロダクションにおいて、誰もが知るドイツの著名ブランドを使用し、整音されたプロのスタジオ環境を使用しました。そう、皆さんがよく知るあのマイクから、ブロードキャストのためのマイクロフォン、マニア心を擽るデジタルモデルまで、全てを収録してあります。
この24本による理想的なEQ特性、リバーブ、アンビエンスの解析により、本Snapshotが基準点を持たない方や、Dialogue matchを音楽分野でも実験的に活用したい方などの一助になれば幸いです。
もちろんRXと併用しても、その可能性はさらに広がるでしょう。それぞれのプラグインについて深く知りたい方はこちらのHow to記事をご覧ください。

・RXを既に持っているユーザーもDialogue Matchが必要である理由とは?

本Snapshotデータは、4/1〜4月30日までの間に株式会社メディア・インテグレーションにて、Dialogue Match、またはPost Production Suite 4のサポートID登録をいただいた全ての方に無償でご提供いたします。配布開始は2020年4月15日よりメールにて行わせていただく予定です 
(※日本国外でiZotope製品を購入された方はSnapshotプレゼントの対象となりませんのでご注意ください)



以来、ポストプロ部門の開設、CD・SACD・ハイレゾマスタリング、DVD・BDオーサリングへの参入等、“音”と“映像“に関して幅広い業務展開を行っています。
様々なアーティスト・プロデューサーの皆様からご信頼戴き、幾多の名盤・名作、時代を動かすトピックに携わってきました。
定評あるルームアコースティック、ヴィンテージ機材含め、ベストコンディションの機材と高い技術力を持つスタッフが、
「真に心地よい創造空間」をご提供致します。サラウンド制作環境、ハイレゾ制作環境の提案等、時代の移り変わりと共に常に進化していくスタジオです。
▼ : Web >>