RX 7

業界標準オーディオリペアツール

ポスプロエンジニアのあなたに最高の味方を

オーディオリペア業界をリードするRX 7は、リペアアシスタントやミュージックリバランスを始め、どんなオーディオポスプロ作業にも最高のツールになります。

簡単なボーカル・リシェイピング

Dialogue Contourを使えばダイアログのイントネーションを短時間で再編集でき、ポスプロでのパフォーマンスクオリティが上がります。

クリアなダイアログ

Dialogue IsolateとDialogue De-reverbなどのツールを使えば、ダイアログを完璧なクリアさで視聴者に聞かせることができます。

プロ向けのサラウンドサポート

RX 7は Atmos 7.1.2を基準にし、ほぼ全てのプロフェショナルなマルチチャンネルフォーマットに対応します。

Repair Assistant ーわずか数秒でノイズを消去ー

ポスプロの作業は常に時間との勝負です。リペア・アシスタントはノイズ、クリップ、クリックなどを自動的に検知するインテリジェントなリペアツール。素材のタイプ(音楽、ダイアログ、その他)を選択した後、リペア・アシスタントに1回だけ聞かせて解析する事によって、過去どんな手段よりも速く一般的なオーディオの問題を解決してくれます。

MODULE

Music Rebalance

ミュージックリバランスは強力なツールで、自動的にミックスされたデータからボーカル、ベース、パーカッションとその他の楽器パートを短時間で検知でき、独立したゲインでバランスを再調整できます。

MODULE

Dialogue Contour

Dialogue Contourを使えば、ダイアログのイントネーションが編集できます。アフレコいらずに、ポスプロの段階でダイアログが改善できます。

MODULE

Dialogue De-reverb

機械学習でトレーニングされ、ダイアログと残響を分離するように最適化されたアルゴリズムを使用して、不要な残響を減らしたり削除する事ができます。

DE-CLICK モジュール | プラグイン

一瞬でクリックノイズを消す

De-clickを使えば、品質劣化とデジタルエラーによるノイズを簡単に消去できます。

DE-CLIP モジュール | プラグイン

必要不可欠なゲイン補正

再度レコーディングを行う必要がなく、De-clipでデジタルとアナログのクリッピングノイズを修復します。

DE-HUM モジュール | プラグイン

ハムノイズを消去し、クリアさを保つ

De-humは不要なハムノイズを自動検知し、クリアなサウンドが得られるようノイズを除去してくれます。

RX 7の動画を見る

世界中のポストプロダクションエンジニアにとってのゴールドスタンダード

RX 7は、最先端の機械学習技術を活用して比類のない音質を実現します。リペアアシスタントやミュージックリバランスを始め、どんなオーディオポスプロ作業にも最高のツールになります。

リペア・アシスタントで即時にオーディオを修復

ポスプロの作業は常に時間との勝負です。リペア・アシスタントはノイズ、クリップ、クリックなどを自動的に検知するインテリジェントなリペアツールになります。素材のタイプ(音楽、ダイアローグ、そのほか)を選択した後、リペア・アシスタントに1回だけ聞かせて解析させることによって、過去どんな手段よりも速く一般的なオーディオの問題を解決してくれます。

ミュージック・リバランス

ミュージックリバランスは強力なツールで、自動的にミックスされたデータからボーカル、ベース、パーカッションとそのほかの楽器パートを短時間で検知でき、独立したゲインでバランスを再調整できます。

Listen to example

Music Rebalance

どんなオーディオトラックでも、Music Rebalanceを使えば、ドラム、ベース、ボーカルのボリュームを再調整できます。

Before
After

Vocal Isolation

この例では、Music Rebalance を使用して、フルステレオの曲からボーカルを分離しています。

Before
After

Vocal Removal

この例では Music Rebalanceを使用して、曲のインストゥルメンタルバージョンを作成します。

Before
After

Breath Control

この例では、ブレスコントロールを使用して、息継ぎを減らしています。

Before
After

De-clip

この例では、非常にダイナミックなエレキギターのトラックでマイクプリアンプからの歪みを修復するためにDe-clipを使用しています。

Before
After

Dialogue Contour

この例では、イントネーションと抑揚をリシェイプすることでダイアログのパフォーマンスを向上させています。

Before
After

Dialogue De-reverb

この例では、ダイアログから不要なリバーブを除去するためにダイアログディリバーブを使用しています。

Before
After

Music Rebalance

この例では、Music Rebalanceを使用して、曲のボーカルを下げてセリフの余地を作っています。

Before
After

Dialogue Isolate

この例では、ダイアログアイソレートはインタビュー中の複雑なバックグラウンドノイズを減衰させるために使用されています。

Before
After

De-rustle

この例では、ダイアログアイソレートはインタビュー中の複雑なバックグラウンドノイズを減衰させるために使用されています。

Before
After
開く 閉じる

あなたに最適なRXはどれ?

RX 7はあなたの予算とポスプロ作業のニーズに応じて、全3種類のエディションをラインナップ。

RX Elements

狭いホームスタジオ向けのRX Elementsは、お求めやすい価格で手に入れるノイズリダクション&オーディオリペア・ツールで、全世界のスタジオに採用されている技術が搭載されています。

セール価格

¥13,600(税抜)
RX 7 Standard

RX 7 Standardは破損したオーディオやノイズが入っているオーディオファイルを元の状態に戻し、アルバム、映画、番組製作向けのオーディオリペア・ツールになります。

セール価格

¥27,900(税抜)
RX 7 Advanced

ポスプロのプロエンジニアのニーズに応えるために機能を特化したRX 7 アドバンスドは、全世界のメジャー映画・番組製作に使われる修復ツールとしてオーディオポスプロ業界をリードする製品になります。

セール価格

¥125,900(税抜)
機能を比較する
RX 7の機能比較
Elements Standard Advanced
De-click*
De-clip*
De-hum*
Voice De-noise*
Music Rebalance** NEW
Breath Control*
De-bleed
De-crackle*
De-reverb*
De-plosive*
De-ess*
Interpolate
Mouth De-click*
Spectral De-noise*
Spectral Repair
RX Connect
RX Monitor
Dialogue Contour NEW
Dialogue De-reverb NEW
De-rustle** IMPROVED
Dialogue Isolate** IMPROVED
Ambience Match**
Center Extract
De-wind
Deconstruct
Third-party plug-in hosting
Batch Processor
Fade
Find similar
Gain
Mixing
Module Chain
Module list filters
Normalize
Phase
Signal Generator
Spectrogram
Recording and monitoring
Variable Time NEW
Variable Pitch IMPROVED
Dither
EQ
Resample
Composite View
Instant Process
Azimuth
EQ Match
Leveler
Loudness
Surround support

* = Available as a plug-in ** = Available as a Pro Tools AudioSuite

RX Post Production Suite 4

RX 7 Advanced、Dialogue Match、Neutron 3 Advanced、Stratus 3D、Symphony 3D、Insight 2、RX Loudness Control、Pro Sound Effectsの250サウンドエフェクト、Groove3ビデオチュートリアルが含まれています

セール価格

¥104,900(税抜)
¥209,900(¥105,000off)

システム要件

対応OS:
Mac: OS X 10.8.5 Mountain Lion–macOS 10.15 Catalina
PC: Win 7–Win 10
プラグインフォーマット:
AAX (64–bit), AU, RTAS (32–bit), VST, VST3
対応DAW:
Audition CC 2018, Ableton Live 9–10, Cubase 9.5, Digital Performer 9, Final Cut Pro X*, FL Studio 12, Logic Pro X, Nuendo 8, Premiere Pro CC 2018, Pro Tools 10–12, Reaper 5, Reason 10, Studio One 3–4